Happy Wife, Happy Life

4人目妊娠中のママが日々考えていることを綴ります

SPONSORED LINK

子どもの歯の矯正装置、プレオルソの費用と効果レビュー。受け口の症例。

 


プレオルソという、小児向けの歯の矯正器具があります。

 

娘は、7歳4ヶ月の時に、歯医者さんで受け口を指摘されて、プレオルソを勧められました。

正常な噛み合わせでは、上の歯は下の歯よりも前に位置するはずが、逆になっている状態が受け口というそうです。

 

 

あまり鮮明ではないのですが、当時の写真です。7歳で乳歯から永久歯に生え変わる時期なのですが、上の前歯が奥に引っ込んでいて、上下の歯を噛み合わせた時に下の歯よりも奥にあります。



これは歯医者さんに貼ってあったポスターです。

プレオルソは主に3種類あって、娘の場合はこのポスターでは1番右側の、受け口の治療用の、タイプⅢ Sサイズ ソフトというものを使用しました。

 

実際のプレオルソと、専用の収納ケースです。


プレオルソは保険適用外で、我が家が通っている歯医者では、購入するのに77000円を支払いました。

ちなみに、その後の診察は、乳児医療証で無料でした。

77000円を支払うのは正直高いな〜と感じましたが、大人になってから矯正をする費用に比べればずっと安いので、娘の将来の歯並びのために投資しました。

 

以下は、歯医者さんで言われたアドバイスです。

●上と下の歯をまっすぐにして、受け口にならないように気をつける

●プレオルソを入れて声を出してお話しするように。(大げさなくらいがちょうどいい)

●あいうべ体操をする。

 

当初は頑張ると言っていた本人ですが、実際プレオルソを毎日続けるのは面倒くさかったようで、親に言われないと自分から付けたがりませんでしたw

プレオルソは家にいる時に付ける矯正器具で、日中2時間程度は装着するように言われていたのですが、自分からは全然やらない(⌒-⌒; )  家でテレビや本を読んでいる娘のところへ、私がプレオルソを持っていって「ほら!忘れずにプレオルソしなさい!」と娘の口に突っ込んで入れることもしばしばでした。

 

3ヶ月に一度の頻度で通院するものの、すぐに効果は現れず(−_−;)

サボった日も結構多かったのですが、それでもできる範囲で頑張って続けたところ、一年以上経ってようやく効果が現れてきました。

 

8歳11ヶ月 プレオルソを始めて1年7ヶ月経過。

 

ようやく上の前歯の位置が改善されて、プレオルソはもうしなくても大丈夫だよと言われました。

良かったね〜。親子共に頑張りました!

迷っている方は、歯医者さんに勧められたらぜひ検討したら良いと思います。