Happy Wife, Happy Life

4人目妊娠中のママが日々考えていることを綴ります

SPONSORED LINK

育児の記録のありがたみは、時間が経つと実感する気がする。

 

 

育児中のみなさん、育児の記録ってどんな風につけていますか??

 

私はマメな性格じゃないのですが、以下の方法で、できる範囲で記録しています。

 

 

育児日記毎日は書けていないですが、思いついたときに書いてます。(数ヶ月ぶりの記録になってしまう時も多々あります。汗)

子どもの出来事に対して自分自身がどのように感じたのかメモしてます。アナログな手法ですが、親の心の記録として育児日記に勝るものはないです。

 

ミドリのノートは書き心地が良くて好きです。 

 

健康の記録大きな病気をしたとき、身長体重などは母子手帳に記録してます。

 

動画割とスマホでこまめに撮っています。乳幼児期のこどもの動きの可愛らしさ、言葉遣いの記録、当時の雰囲気を残すにはやっぱり動画が一番ですね。

google photoで容量無制限に保存できたので、容量を気にせずガンガン撮ってました。でも、このサービスが間もなく終了するそうなので、今後どうするか検討中です!

 

写真夫の趣味が一眼レフなので、綺麗な写真を定期的に撮っています。動画とはまた違う、子どもの可愛らしさを写真で堪能できます。

 

以上の4つが私の育児記録の手段ですが、どれもできる範囲で頑張ってやっておいた方が、後々後悔しないと感じます。こどもの、その時期の可愛らしさは、過ぎてみると二度と戻ってこないんですよね。。。(遠い目)

 

育児は日々忙しいので記録は後回しにしがち?

とはいえ、正直我が家は3人目が生まれてから、忙しくなりすぎて、これらのことがおろそかになってしまったなぁと反省しています。一時は育児うつっぽくなってしまい、母親である自分が健やかに生きていることが最優先だったので、記録が減っても致し方なかった気もします。それでも、少しでも元気な時は、できる範囲でちょっとでも記録していけたらいいなぁと思っています。

 

時間が経つと育児日記のありがたみを感じる。

 

今日、2年少し前に書いていた育児日記をたまたま見つけまして、当時の長男の記録を読み返しました。うちは長男と次男が2歳差なので、その頃の長男は今の次男と同じくらいなので、非常に懐かしく興味深く自分の日記を読み返しました。親でも、たった2年前のことを随分忘れているんですよね() 毎日必死に生きているからかなぁ。

 

それでも文章を読み返すと、当時の思い出がすぐ蘇ってくるので素敵です。育児日記の真価が現れるのは、ある程度時間が経ってからだと思います。うちには、義母が昔記した夫の幼い頃の育児日記もあるのですが、それを読むと、夫と息子で似ている部分をたくさん見つけられるので本当に面白いです。

 

記録は大切。でも出来ない時があっても自分を許してあげたい。

 

記録というのは、家族が暮らしてきた思い出、子どもの成長の証なので、これからも大事にしていきたいです。でも、たとえ忙しくて思う通りに記録できないときがあっても、「まぁいいか。自分も頑張っているんだし」と、自分を許してあげる度量の広さも持ち合わせていきたいです。ママが笑顔であることがなによりも子どもにとって良いことだと思うので。