Happy Wife, Happy Life

4人の子どもを子育て中のママのブログ

SPONSORED LINK

心が疲れたら美味しいご飯を食べよう。漫画「かしましめし」の感想

私の趣味は漫画なのですが、最近読んでいて心に響いた作品について感想を書きます。

鬱やストレスで心が疲れ気味の人にオススメします。

 

おかざき真里さんの、「かしましめし」。

 

 

食べることが主題の作品で、美味しそうにご飯を食べるシーンが多い漫画です。レシピもたくさん登場して、主人公たちがこれまた美味しそうに頬張っているので、自分でも作ってみたい欲求が湧きます。

 

以下、出版社の紹介文を転載します。

 

28歳、独身、職なし。わたしを救う、ごはんがある。 「私たちは何度も生き返る。小さく小さく、くりかえし生まれ変わる」 心が折れて仕事を辞めた千春(ちはる)。バリキャリだが男でつまづくナカムラ。恋人との関係がうまくいかないゲイの英治(えいじ)。同級生の自死をきっかけに再会をした、美大の同級生3人。つらくて心が死にそうになっても、みんなで集い、ごはんを食べれば生き返ることができる。それはとても温かで、幸福な時間——。ひとは食べる。嬉しい時も、悲しい時も。男女3人、にぎやかおウチごはん。「サプリ」「&」のおかざき真里最新作!簡単レシピもたっぷり収録。

 

 

メインの登場人物3人は、28歳の独身の友人同士。

かつて同じ美大で同級生だったという仲です。

 

3人の中で、私が一番感情移入してしまうのは千春です。

割とおとなしい性格で、思ったことをその場でバシッと言い返せるタイプではなくて、悶々と落ち込んじゃう部分が自分と似ているんでしょうね。うむ。

 

千春は憧れの会社に就職しますが、同僚のモラハラに心が折れて退職してしまいます。当時のことを思い出すと気持ち悪くなって吐き気がするほど、心に傷が残っています。

 

 かつて健康だった人が、心が折れて病む描写

 

1巻の第3話に収録されている、当時の千春の様子の描写が秀逸で、この作者さん凄い!と思った部分です。

 

朝起きる気力がない、気だるい感じ。

身体が動かない、起き上がれない。

そのまま無になってしまいたい、消えてしまいたい。

でも現実には生きることをやめる(死を選ぶ)という選択は簡単ではない。

 

とはいえ、何もしないでいると、ネガティブな考えや思い出で心の中が支配されて耐えられなくなってしまう。だから必死で、ほかに気を紛らす方法を探してみる。

 

運動して身体を動かすと気分転換になるかなと思ってマラソンをしてみたり。でも、そもそも運動は好きじゃないし、体力もないから、楽しむには程遠くて挫折。

 

次は、断捨離。片付けをすれば心も整理されるかなと頑張ってみる。

 

とにかく何かをしていないと、ネガティブな思いで心が押しつぶされてしまうから、必死で何か気を紛らす方法を探す。

 

鬱の気を紛らわす方法=キャベツの千切り(お料理)

千春にとっては、キャベツの千切りという作業が、他の雑念を忘れて没頭できることだったようです。

 

f:id:countstars:20210406100929j:plain


 

ちなみに私は千切りって下手くそで好きな作業じゃないので、この点は全然共感できないのですが() 私が切るとまな板から切ったキャベツが落ちるんですよね。。

 

千切りをする前に、千春が包丁をじっと見つめる描写。緊張感があるのですが、これは自殺への誘惑を一瞬考えている描写なのかな、と思うのですが、この解釈で合っているのかな。

その誘惑を断ち切るように、息を止めて集中して一気に千切りをやり遂げる千春。

 

キャベツの千切り(&お料理)という、鬱を忘れられる手段を見つけて、千春は少し浮かれてしまいます。

 

その後、美大時代の同級生の自死による訃報を聞き、葬儀に行く千春。そこで出会った、かつての同級生のナカムラと英治。千春は2人を家飲みに誘い、3人の集まりがスタートします。

 

千春が2人に、「会社を辞めた」と告白しようとする場面の心理描写が、すごく共感できて、なんだか読んでいて泣きそうになりました。

 

「会社を辞めた」ことは千春にとって非常に大きな出来事で、心に傷が残っていて、でも話すことで楽しいお酒の場が重い雰囲気になりたくないから、サラッとなんでもないことのように伝えたいーーー どんな風に伝えようか、頭の中で必死にシミュレーションするのです。

 

でも、いざ言葉にしようとすると、感情が抑えきれなくて、涙声になってしまう千春。そんな彼女の様子を察して、「無理に話さなくていいよ」と優しく受け止める2人。

 

 

「自分にやさしい人とごはんを食べる」

 

心が疲れたり、メンタルが病んでくると、ご飯の味がしなくなるんですよね。普段は美味しいはずの食事が、砂のように味が感じられない。当然、自炊をする意欲も湧いてこない。

 

食べる、という行為は生きるために必要な根源的な営みです。食べたもので、私たちの身体はつくられて、新しく生まれ変わっていく。

心が疲れたときはゆっくり休んで自分を労って、美味しいごはんを好きな人と一緒に食べることを大事にしたいと思ったのでした。

 

 


 

 

この漫画を読んでたら元気が出てきて、昨夜は久々に手作り餃子を作りました。美味しいものを好きな人と食べるのは幸せですね。