Happy Wife, Happy Life

4人目妊娠中のママが日々考えていることを綴ります

SPONSORED LINK

【Looopでんき評判】1年使用したらメリットばかりでした。五千円節約

我が家の電気を、東京電力からLooopでんきに切り替えて1年経ちました。

Looopに切り替えて、メリットしか感じないので、レビュー致します。

 

 

電気代が安くなった。

1番のメリットは、やはり電気代が安くなったことですね。

数ある選択肢の中で、Looopにした理由は、比較検討した中で1番安いと判断したからです。

(注意: 単身者の世帯で元々電気使用量が少ない場合は、必ずしもお得にならないそうです。我が家のようなファミリーはお得になる例が多いです)

 

我が家は5人家族、マンション住まいです。

 

1カ月の電気代は少ない月で6000円程度。夏は冷房を使うので9000円程度。

冬は暖房を使うので最大で12000円程度でした。

 

特に、洗濯物は外に干さずに衣類乾燥機で全部乾かしています。衣類乾燥機で、月に3000円くらいは電気代アップしていると思います。(でも、洗濯物を外で干す手間や時間のコストを考えると、激安の必要経費だと思っています)

f:id:countstars:20200420182606p:plain



そんな我が家ですが、かつて利用していた東京電力と比べると、1年間で約5419円節約できたとのこと。

節約の具体的な数値が分かるグラフがわかりやすいのも、Looopでんきの良い点だと思います。

 

 

自然エネルギー

 

Looopでんきは自然エネルギーの普及に取り組んでいる企業だそうです。

以下、会社のHPからの文章の引用です。

 

私たちLooopは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生しました。

その経験から、お客さま自身で設置できる太陽光発電所を開発。エネルギービジネス業界で注目を集めました。

そして、自然エネルギーをもっと身近に感じてもらいたいという想いからさらなる挑戦として、お客様のもとに電力をお届けする電力小売事業「Looopでんき」を開始。

私たちLooopは、これからも自然エネルギーの普及を目指し、常に挑戦し続けます。

 

2011年の東日本大震災では、東京電力原発事故が深刻だったことが記憶に新しいです。

原発保有しない電力会社を選ぶことが、消費者としての1つの重要な選択になると思います

 

決済はクレジットカードのみ。

 

Looopでんきは、クレジットカード決済のみです。

他の支払い方法に対応していないことをデメリットに感じる人もいるそうですが、

私はほとんどの支払いを既にクレジットカードにしているので全く問題ないです。

 

クレジットカードの方がポイントも貯まるし、支払いの履歴が残るので家計簿をつけるのも楽です。

 

紙の伝票が発行されない(ペーパーレス)

 

電気代、ガス、水道代などの光熱費は、1カ月に一度ポストに伝票が入っていることが一般的だったと思うのですが、Looopは紙の請求書は発行されません。全てメールなどの電子化されています。

これも、私は全く問題ないです。むしろ、ガスや水道代も、全部メールやWEB上でチェックできたら楽なのになぁと感じています。紙のレシートを管理するのが煩わしいからです。

 

 

電気の使用量が視覚的に分かりやすい。

 

Looopでんきのサイトにログインすると、自分の過去の電気使用量がグラフで分かります。

ちなみにこちらは我が家の最近のデータです。部分的に大きな山ができているのは、衣類乾燥機を使った時間帯です。

 

f:id:countstars:20200420182637p:plain



入会の手続きも簡単でした。

 

Looopに入会したのはもう一年も前なのですが、東京電力からの切り替えは非常に簡単だったと記憶しています。

我が家が住んでいるマンションは、既にスマートメーターが導入されていました。

そのため、東京電力からの検診票などに記載されている「供給地点特定番号」を把握して申し込み時に入力すれば、Looop東京電力に報告して自動的に手続きしてもらえました。

 

 

ストレスのない節約。

 

たった一回手続きをすれば、今まで通り電気を使っているだけなのに電気代が安くなって節約になります。

我が家はお金を賢く使いたい方針ですが、ストレスになる節約はしない派です。

だから、衣類乾燥機などの便利家電は積極的に使用していますし、夏冬は冷暖房も使って室内の快適温度を保っています。

 

今まで電力会社の切り替えを検討せずになんとなくそのままにしてきた人は、

ぜひおすすめですよ。

 

 </p