Happy Wife, Happy Life

4人目妊娠中のママが日々考えていることを綴ります

SPONSORED LINK

モノを捨てることには心のエネルギーがいる

f:id:countstars:20200116113423j:plain



年末年始、頑張って不要品を処分しました。

40リットルのゴミ袋5袋分くらい捨てました。

 

我が家は賃貸マンションに住んでいます。

5人家族。スペースは限られています。

なるべくスッキリ快適に暮らすために、不用品は定期的に処分しています。

 

不用品スペースにも家賃を払っている

 

不用品スペースにも家賃を払っている、と考えると、物置き部屋はすぐに対処して快適空間にした方が良いです。

モノを貰って家に入れるときは心理的ハードルが低いですが、捨てるときは心のエネルギーが必要です。

 

 

特に、まだ使えるものはもったいないという気持ちがあります。

とはいえ、売ったり譲ったりするのは、捨てるよりも手間がかかります。時間ができたらいつか売るか譲ろう、と考えていたものは、結局半年以上部屋に置きっぱなしでした。

 

乳幼児育児中で忙しい今は、そこまで手間はかけられないのが現実でした。

というわけで、思い切ってある程度のモノを捨てました。

 

処分したモノの傾向として気づいたこと。

 

他人から、なんとなく貰ったものは結局使わなくて処分するケースが多かったです。

もしかしたら使うかも、タダなら貰っておこうか、と思って迷いながら受け取ったものは、結局必要ないことも多いです。

逆に、自分で吟味してお金を払って購入したものは、長く使う場合が多いことに気づきました。

 

自分がいらないものを他人にあげるのは迷惑だったりする。

 

相手から「これいる?」と聞かれたときに、「いらない」と断る勇気も必要なのでしょうね。

本当に欲しいものならありがたいですが、迷った時は

 


必要ない = いらないモノなのです。

 

優先順位をつけて、スッキリした生活を目指していきたいです。