Happy Wife, Happy Life

4人の子どもを子育て中のママのブログ

SPONSORED LINK

9歳の娘がメイクに興味を持ち始めた。

最近、娘が私のお化粧道具に興味を持ち始めました。これは一体どうやって使うの?など色々と質問をしてきます。

私も忙しくて「まだあなたにお化粧は早いでしょ。勝手にママのメイク道具を触らないで」と怒ったら、娘はしゅんとしてしまい、これはまずいと感じた私。

 

9歳の娘の初めてのメイク

 

土曜日の夜に、私のメイク道具を使って娘に少しだけお化粧をしてみました。

 

ビューラーにマスカラ、頬にチーク、眉毛にアイブロウ、唇にリップ

ついでに爪に薄いピンクのマニュキアも。



ほんの数分のメイクでしたが、出来上がりを鏡で見て娘は大喜び。

その笑顔が私にはとても嬉しい瞬間でした。

赤ちゃんの頃は、寝返りや立っちなど、その子の初めての瞬間に立ち会えるのは親として大きな喜びの思い出ですが、それと同じように、9歳の長女の初メイクで喜ぶ姿も素敵な

思い出になりました。

 

そして改めて見ると、9歳の娘の肌のなんて綺麗なこと。(笑)  

羨ましい限りです。ファンデーションなんて不要で、チークやリップを塗るだけでパッと華やいで、なんと美しいことか。

 

私の初めてのメイクの思い出

私自身は、メイクはあんまり自信がなく、普段は薄化粧です。アレルギー性結膜炎があるので、アイメイクも苦手。自分の母にメイクを教わった経験もなく、初めてメイクしたのは高校卒業の春休みに母とデパートに行った時に、ファンケルのお姉さんにタッチアップしてもらった時でした。仕上がりを鏡で見て、いつもと違う自分の顔にワクワクした特別な経験でした。

 

私が疑問に感じるのは、日本の学校って小学校から高校までメイクNGと校則が厳しいところが多いのに、就職するとお化粧は社会人のマナーですと平気で言われることです。メイクは突然上手になるわけではないので、練習が必要なのに。

 

これからは休みの日に娘と一緒にメイクを楽しもうかな。楽しみが増えたわ。