Happy Wife, Happy Life

4人目妊娠中のママが日々考えていることを綴ります

SPONSORED LINK

自分の知り合いの範囲でのコロナ感染の話。ワクチン接種後死亡の話も。

私が住んでいる地域では、緊急事態宣言が9月12日まで出されています。

子どもがいる我が家では、こどもたちが夏休み明けに学校に行けるのか?が気になっていましたが、小学校は9月1日から登校できると聞きホッとしています。やむを得ず登校を控えたい家庭の場合はオンライン対応するとのこと。どちらでも対応してくれる学校に感謝です。

 

自分の身近な範囲でのコロナ情報。

 コロナが広まって2年目。みなさんの周りでは身近にコロナ感染した方っていますか?

 

●私の日本国内の知り合いの範囲では、友人(30代のファミリー)で2家族、感染した話を聞きました。どちらも軽症で、治るまでそんなに大変ではなかったそうです。やっぱり若いと病気に対する抵抗力も強いんでしょうね。

他にも、実は感染してたという例はありそうですが、みんな基本的にSNSとかでは大っぴらには言わないでしょうし、分かりません。実際に会う機会があれば教えてくれるでしょうが、人と会う機会も以前より減ってしまいました。

 

●また、知人の親(たぶん60代)で、コロナ感染して重症化して入院した話も聞きました。でも数日で無事に退院されて元気に過ごされているそうです。

 

●一方で、別の友人の親(60代)がコロナワクチンの接種後の3日目に突然死された話も聞きました。死体解剖した結果、死因は不明とされたそうです。

 

というのが、私の個人的な知り合いの範囲で聞いたことのある情報でした。

 

そんなわけで、身近でコロナで亡くなった話はまだ聞いたことないのですが、ワクチン接種後に突然死したという話を聞いて、少し衝撃を受けました。

 

コロナ感染者の年代別死亡者数のグラフから見えてくるもの

出典『東洋経済オンライン「新型コロナウイルス 国内感染の状況」

f:id:countstars:20210828065103j:plain

 

上は、東洋経済オンラインのサイトで更新されている、年代別の死亡率のスクショです。

オレンジ色の部分が死亡した人の数なんですが、60代以下では割合として非常に少ないことが分かります。

実際に東洋経済オンラインのサイトの表でカーソルを合わせると、こんな感じでもう少し細かい内訳が見れます。

f:id:countstars:20210828065149j:plain

例えば、30代のこれまでの累計死亡者は41名。

10代と10歳未満に至っては死亡者ゼロ。

私は普段テレビをほとんど見ないのですが、テレビや大手マスメディアは不安を煽る報道が多いらしいです。でも、統計の数字を見ると違った印象を受けませんか?

 

コロナワクチン接種後の死亡の報告数は991件(2021年8月8日まで、厚生労働省のHPより)

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000823368.pdf

一方で、ワクチン接種後の死亡の報告例は増えています。

上の情報は、厚生労働省のサイトに載っているもの。

令和3年2月 17 日から令和3年8月8日までに報告された 991 事例を対象に、ワクチンと死亡との因果関係についてまとめていますが、

986件は情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないとされています。

(のこりの5件は因果関係を認めないと評価された)

 

この991例の報告は、氷山の一角の数字で、現場から報告に至っていないケースもかなりあるのではないかと指摘している人もいます。

 

自分の周りでも、ワクチンを摂取している人が増えてきています。自分や家族は摂取する予定はありませんが、今後身近でワクチン摂取後の被害に苦しむ人が出てくるんじゃないか?と心配になります