星の数

星の数

アメリカで子育て中。日々考えたことを綴っています。

SPONSORED LINK

サンクスギビングの七面鳥は本当に美味しいのか?

f:id:countstars:20171124144233j:plain



本日は感謝祭、サンクスギビングでした。お昼は学校のイベント、夕方は友人宅に行き、たくさんの人と会って美味しい料理を頂きました。

「アメリカ人にとって、サンクスギビングの祝日は、とりあえず美味しいものをたくさん食べる日らしいですよ」
と、私に教えてくれたのは、アメリカ人のご主人と国際結婚をしている日本人の奥様。

たしかにその通りで、とりあえずサンクスギビングはご馳走をたくさん食べて家族や友人と気楽におしゃべりをして、ついでにフットボールも観て、という休日のようです。


感謝祭といえば、七面鳥、ターキーですよね。

アメリカの大きなオーブンで、どーんと焼くターキー。
中身にスタッフィングを詰め、グレービーソースやクランベリーソースで一緒に頂きます。

 

渡米した最初の年は、初めてのサンクスギビングで大きなターキーを見て、「おお!アメリカっぽい!」と感動したのですが、、、

肝心の味は、パサパサした鳥肉という感じで。まぁまぁ美味しいけど、感動するほど美味しいものではないねー と、夫婦での一致した意見でした。(読んで気分の害される方がいたらスミマセン)

 

最初の年のサンクスギビングは自分でもターキーを焼きましたが(上の写真)、2年目以降はやっていません。。。外で食べることはありますが。


七面鳥って、見た目は大きくて食卓が華やかですが、大きいだけに味を染み込ませるのが難しくて、パサパサになりやすいのだと思われます。肉に味が染み込まないから、色々なソースをかけて食べるのかな?と思ったり。
普通の鶏肉の方が、鳥の旨味がギュッと詰まっていて美味しい気がします。調理もラクだし。

 

感謝祭にターキーを食べる理由。


感謝祭はなぜターキーを食べるのか?を調べてみました。

 

イギリスから移住してきた、ピルグリム・ファーザーズの人達ですが、実は移住した1620年は寒波が厳しく、冬を越せず多くの人達が亡くなっています。

この厳しい時、原住民だったインディアンのワンパノアグ族が、食料を分け与えてくれた為に多くのピルグリム・ファーザーズが助かりました。

そして、その食料の中に、七面鳥があったことから感謝祭には、七面鳥を食べる習慣になったという説があります。

アメリカ大陸の中央から東海岸にかけては、実は、七面鳥の生息域で、たくさんの七面鳥がとれたようです。

 

http://kenyu.red/archives/4725.html


我が家の近くも、野生のターキーが生息していて、よく道路に群れで歩いていて、運転の際によけています。笑
ターキーは大きい鳥なので近くで見るとちょっと怖いです。
寒さが厳しくて飢え死にしそうな時に、七面鳥を差し入れしてくれたら有難いですよね。11月って寒いし。

 

 

我が家の定番メニュー。照り焼きチキン。

 

感謝祭によせてターキーについて色々と書いてみました、が、

 

「まぁターキーもそれなりに美味しいけど、いつも君が作る照り焼きチキンの方が美味しいよ」と、夫は言う始末。えー、そんなぁ。。。

 

ちなみに私が作る照り焼きチキンは、超適当です。

 

鳥もも肉 400グラムくらい

1.鳥肉に塩・コショウを多めにかける。
2. 鳥肉に酒、しょうゆ 各大さじ2 、ニンニクひとかけのすりおろしをかける。
3. 180度のオーブンに入れる。

 

30分くらい調味料を染み込ませてもいいですが、私はせっかちなのですぐにオーブンで焼いちゃってます。簡単で美味しいです。

サンクスギビングの日に、なぜ照り焼きチキンのレシピを紹介しているのでしょうか。まぁいいか…

 

結論: 七面鳥はそれなりに美味しい。けど、鶏肉の方がもっと美味しくて調理もラク。

 

 

今週のお題「得意料理」

アメリカ生活で自炊スキルが上がった我が家の食事情

今回は、海外在住の人が読んだら多少共感してもらえるかもしれない、食べ物についての記事です。

 

アメリカ生活で自炊スキルが上がった

突然ですが、私はアメリカに来てから自炊レベルが上がりました。といっても、元々料理がすごく得意なわけではないので、以前よりはマシになったくらいですが…

というのは、アメリカって日本のスーパーみたいに美味しいお惣菜とか、ちょっと手を加えれば完成するおかずの素とか、そんなものは売ってないのです。たとえ売っていても、やはり日本人の味覚にはちょっと合わないなーというものが多いです。

そんなわけで、食べたいなら自分で作るしかない!という感じになります。例えば、日本にいた頃は、揚げ物って面倒くさいなーと、買って済ませていましたが、こちらではコロッケも鳥の唐揚げも、食べたきゃ自分で作るしかないんですよね。

 

f:id:countstars:20171122005624j:plain

 

あと、外食費が日本と比べて高い気がします。 この金額を出してこの内容の食事か!とガッカリすることもしばしば。チップの文化もなかなか慣れないです。まぁ外食に関しては、日本の外食産業が薄利多売すぎるので、こちらの方が適正価格だと思いますが。


というわけで、栄養面、経済面、味の満足度の理由で、我が家はもっぱら自炊中心の毎日です。

 

我が家の1週間の食材の買い物紹介
そんな我が家の1週間の買い物。ちなみにアジア系スーパーは遠いので、普段は地元のスーパーで買い物してます。数ヶ月に一度、米とか調味料を買いにアジア系スーパーにいきます。

 

⭐️野菜
人参
ジャガイモ
玉ねぎ
小ねぎ
キャベツ
カボチャ
ホウレンソウ
ブロッコリー
ピーマン
インゲン
カブ
トマト
アスパラガス
もやし
大根

 

もやしと大根は日本と比べて割高なのですが、買うと食卓が日本の味になって私は幸せな気分になります。笑
ケイルなど、日本ではあまりお目にかからない野菜も、渡米当初は色々試しましたが、結局食べ慣れた味の野菜が中心になりました。

ごぼうとか里芋とかモロヘイヤとか、日本ではよく食べたけど今はなかなか買わない野菜が少し恋しいです。


⭐️主菜
魚は総じて日本より高いので気軽に買えず。その代わり、お肉は美味しくて安いのでよく食べています。鳥肉、豚肉、牛肉。ベーコンにソーセージ!

その他、卵や乳製品は本当にたくさん種類がありますよね。夫はチーズが好きなので、毎週色んな種類のチーズを試しています。

 


日本からお土産でよく頼むもの


アジア系スーパーは割高&種類も少なめなので、なるべく日本の親が来るときに乾物類をよくお願いします。スーツケースいっぱいにお土産を持って来てもらい、本当にありがたいです。

だしパック
かつお
乾燥しいたけ
ふりかけ
乾燥ひじき
昆布
海苔

などなど。日本の昔ながらの乾物類は本当に優秀だなぁと思います。

他にも、お酒、みりん、味噌なども持って来てもらっています。
お酒は一度切らした時に、代わりに白ワインで挑戦したことがありましたが、味が全然違ってしまいました。当たり前か…

カレーも好きな我が家。生協のカレールウもたくさん買って来てもらいますが、美味しくてすぐなくなってしまうので、今はカレー粉でカレーを自作しています。カレー粉、玉ねぎ、油、ニンニク、小麦粉、リンゴなどで、ルウなしでも意外と簡単に作れます。

 

⭐️ケーキ
ついでに。年に数回のお誕生日などに作るケーキ。こちらの市販のケーキは甘過ぎる & バタークリームが美味しくないので、手作りしています。日本のケーキ屋さんのケーキって本当に美味しいですよね…(遠い目)


といっても、私はおかし作りは決して得意じゃないです。こちらで仲良くなった韓国人の友達が、絶対失敗しない美味しいシフォンケーキの作り方を伝授してくれたので、もっぱらそれを作っています。日本ではオーブンすら持っていませんでしたが、こちらのアパートにはサンクスギビングのターキーを焼けるような大きいオーブンが備え付けであります。

ちなみにアメリカで生クリームはheavy creamといいます。

 

以上が、ざっくりした我が家の食事情でした。
そんなわけで自炊中心の生活なので、体型も日本にいた頃と変わらず。日本の友達には、「アメリカ暮らしなのに意外と太ってないね〜」とか言われます。
なかなか自炊をしにくい単身の留学生とかは大変だと思います。

アメリカの里子制度と日本の中絶問題について考えたこと

Foster Care Program

 

Mops (Moms of preschooler 未就学児のママの会)に先日参加したら、その日のテーマはFoster Childに関してでした。Mopsでは毎回ゲストスピーカーが訪れて、話を聞いた後に小グループで感想を話し合う時間があります。

 

アメリカでは、養子や里子など、血の繋がらない子供を引き取って育てている家庭が本当に多いので、かなり興味深いテーマでした。こちらに暮らし始めて知り合ったアメリカ人で、里子や養子と暮らす家庭を数多く知っています。自分の子供がすでにいる家庭もあれば、そうではないカップルもいたり、白人夫婦で黒人の子どもを育てている家庭だったり、本当に様々なケースがあります。

 

里子とは

 

Foster Child 里子
Adapted child 養子
Biological child (血の繋がりのある)実子

 

里子とは、何らかの事情で自分の家庭で育てられない子どもを、引き受けたいと希望する別の家庭で養育することです。養子縁組とは異なり、里子と里親は戸籍の上での繋がりはありません。

今回のゲストスピーカーは、3人の実子と3人の里子の計6人の子どもを育てるママと、里子斡旋団体で働くソーシャルワーカーの女性でした。
里子を引き受けることにした経緯、今の生活スタイル(ワーキングマザーだそうです)、家族みんなで決断して引き受けることにしたこと、などなど、興味深い話でした。

その後のスモールグループタイム(計7人のグループ)で、1人のメンバーが「実は去年のMopsでも同じテーマの話を聞いてそれから興味を持って、今は里子を引き取るための申し込みの手続きを進めているんだよね」と話してくれたのも驚きでした。ちなみに彼女は自分の子供(乳幼児)が2人いるお母さんです。


アメリカでは里子や養子はごく普通の選択肢のひとつ

血の繋がりのない子どもを自分の家庭で育てることに対して、アメリカは本当にオープンな国だなと感じます。ゲストスピーカーの話や会の雰囲気、パンフレットなどを読んでも、養子や里子の受け入れに関して、とても明るい積極的な良いイメージを感じます。

ちなみに、里親へは政府から補助金が貰えるそうです。里子の養育費としてのお金で、州によって額は異なるようです。

とはいえ、(たとえ多少の援助金を貰えたとしても) 自分の家庭で他人の子どもを育てるってものすごく大変なことだと思うので、そんなことができるのはよっぽど凄い人格者なのでは?!と、当初私は思っていたのですが、別にそんなことはないみたいです。実際に里子を育てているママと話をしても、ごく普通の家庭のお母さんだなという印象でした。このアメリカという国において、里子や養子は、ごく普通の大人が、ひとつの自然な選択肢として選ぶ家族のスタイルなのではと感じました。

 

アメリカと比べると、日本では里子も養子の数もとても少なくて、家庭で育てられない子どもは児童養護施設で育つケースの方が圧倒的に多いそうです。

 


日本の中絶問題について考える

 

養子や里子のことについて考えると、日本の中絶の数の多さを思い出します。日本ではなんと年間18万人の胎児が中絶されているといわれています。日本では、望まない妊娠をした場合、シングルマザーで頑張って育てるか、あるいは中絶するという2つの選択肢しか思いつかない社会なのではないかと感じます。他人に迷惑をかけてはいけないという価値観が強いためか、望まない妊娠は多くの場合は自分の行いが招いた結果なのだから、自分で育てるかあるいは中絶するかしなさい、と選択を迫られるケースがほとんどなのではないでしょうか。
中絶はデリケートな問題なので、様々な意見や立場があると思いますが、私自身は2人の子どもを妊娠出産した経験から、やはり子どもは受胎した瞬間から特別な命だと感じています。できることなら、中絶はしないで「産みたい」と願った人が、里子や養子なり、他の人に育てるのをお願いできる選択肢がある社会の方が良いと思いました。

f:id:countstars:20171107144908j:plain

自分の子供を自分で育てられたら勿論それが一番ですが、何らかの事情で難しい場合、里子・養子など、社会の中でみんなで協力してその子を育てていけたら良いのに、と思います。

 

もし独身時代に望まない妊娠をしたら

 

あるアメリカ人の知り合いが話してくれたエピソードが印象的でした。

 

「私にはhalf sister(半分血が繋がった姉)がいるの。私の母は昔、まだ父と結婚するずっと前の若い頃に、一晩限りの関係の男性との間に赤ちゃんを授かったの。私にとっては半分血が繋がった姉なんだけど、彼女はとても良いクリスチャンの家庭に里子として引き取られて成長したの。私も彼女の存在は知って育ったわ。だから私自身も里親制度に関心があって、近いうちに里子を引き受けようと夫や子どもたちと話しているのよ」

 

アメリカでは未婚の母、養子、里子、離婚などの事柄を本当にオープンに隠さずに話す印象があります。日本人の私からすると、こういう話題に触れるのはタブーなのでは?ということでも、ありのままの事実をさらっと話すので驚くことがあります。

 

日本人の感覚からすると、もし独身の頃に望まない妊娠をしたら、中絶を選ぶケースが多いと思います。でも、彼女の母親は産むという決断をして赤ちゃんを里親に預け、更にその後自分の夫や子どもたちにもその事実を伝えています。私にそのエピソードを話してくれた彼女は、娘としてその事実を受け入れるのに果たしてどんな心のプロセスがあったのだろうか、特に思春期だと母親の過去のそういう話を受け止めるのは少し難しいんじゃないか?と私は思いましたが、現在の彼女はその事実を前向きに受け止めて自分自身も里親になろうとしているわけです。これはすごいエピソードだなと感じました。

 

 

 

 

 

 

アメリカのハロウィンとカボチャ祭りと

 

今週末、市の主催のハロウィンイベントに行ってきました。
名前はパンプキン・フェスタでした。カボチャ祭り!

 

主な内容。
●children's arts and craft
クラフトコーナー。カボチャを色々デコレーションして飾ります。

f:id:countstars:20171029182405j:plain

bouncing house
アメリカのイベントではよく登場するコレです。子供たちは嬉々として跳ねたり飛んだりしていました。

f:id:countstars:20171029182454j:plain

 

●The music man
ギターを持ったおじさんがノリノリで弾き語り。子供たちを魅了していました。

f:id:countstars:20171029182543j:plain

 

pumpkin curving
カボチャをくり抜く工作。たくさんのカボチャがブルーシートの上に並んでいて、カッターとマジックがあり、ご自由にくり抜いて下さい!というコーナーがありました。時間的に余裕がなかったので、我が家はやりませんでしたが。

 

f:id:countstars:20171029182629p:plain


こんな感じのカボチャがたくさん並んでました。くり抜いた後のカボチャの中身が散乱していました。なんだか勿体無いと思うのは日本人の性分か?

 


Children's costume parade
会場の全てのプログラムは3時終了で、その後みんなでゾロゾロと駅周辺の街中へ歩きました。仮装した子供達とその親の行列です。100人くらいはいたと思われます。警察が交通整理していましたが、車は交通渋滞になってました。笑

 

f:id:countstars:20171029182713j:plain

駅周辺に着くと、通りのお店に立ち寄って、子供たちはお菓子をもらっていました。娘は一年分の糖分くらいのお菓子をもらっていました。駅周辺は、しょっちゅう車で通ることはあるのですが、そぞろ歩く機会は皆無だったので、今回初めてハロウィンで歩いて「こんなお店があったんだー」と新しい発見がありました。普段会う機会のない人とのコミュニケーション、地域のお楽しみ行事としてのハロウィンだと思いました。

 

ハロウィンとクリスチャン

ちなみに私はクリスチャンですが、保守的なクリスチャンの方ではハロウィンをお祝いしない人もいます。確かにもともとの起源はケルト民族の悪霊の追い出し行事です。でも、現代のハロウィンはもともとの意味は薄れ、仮装して地域の人たちと楽しく過ごすイベントになっています。偶像を拝んだりするわけではないので、イベントに参加して楽しむのは問題ないのでは?というのが今の私の見解です。
仮に「うちはクリスチャンだからハロウィンは無しね!」という方針にしたら、子供もイベントに参加できなくて寂しいでしょうし、地域の人と交流する機会も減ってしまいます。起源が異教的な行事とどのように関わるかはクリスチャンとして難しいテーマで、教派によって解釈も異なります。私個人としては、ハロウィンに参加することが自分の信仰に悪影響を及ぼすとは考えにくいし、イベントを楽しむのは問題ないのではと思っています。


お菓子の山。
毎年ハロウィンで悩むのは、もらった後のお菓子をどうするかということです。娘が食べるには多すぎるので、「今日はこのくらいでオヤツはおしまいにしよう!」と言い聞かせたり、少し隠して減らしたりしています。キャンディじゃなくて、消しゴムや小さいオモチャ、ゴールドフィッシュなどをくれる人もいて、気が効くなぁと思いました。

 

 

最近はまっている動画 The Bible Project

The Bible Project

 

f:id:countstars:20171028114027j:plain

 

最近よく視聴しているこの動画。聖書やキリスト教に関するトピックを、1話につき5分程度の短い動画にまとめている。内容は非常に良質なのに、全部無料で視聴できるというのがすごい。

監修しているティム・マッケイはセム語系の言語学と聖書学の博士課程を卒業していて、Western Seminaryで教授をしている。ディレクターのジョン・コリンズは聖書学の学位を持っていて、アニメーションを用いて複雑な概念をシンプルに伝えることに優れている人物。

ちなみにこの動画で、メガネの方がティムで、長髪の方がジョン。

 

m.youtube.com

実際に動画を視聴してみると、ひとつひとつのテーマは複雑で難しいはずなのに、アニメーションのイラストとナレーションですごく分かりやすく、要点をシンプルに伝えているので概念を理解しやすい。

こんなに良質なコンテンツを、無償で提供しているところに彼らの心意気を感じる。うーん、すごい。

 

Justice(正義とは何か?)


今日は一番最近にリリースされたJustice(正義)について、という動画を視聴した。

 

 

m.youtube.com

 

以下、不十分ですが、ざっくりとした概要を日本語で書きます。

 

人間と他の動物の特性で大きな違いのひとつ、それは正義という概念があるかどうか。動物の世界では時に自分の子供を殺すことはごく普通に行われているが、人間の世界では自分の子を殺すことは悪である。では、道徳的に正しいか間違っているかの基準、つまり正義について聖書はどのように語っているのだろうか。

 

旧約聖書の創世記では、人間は神によって「神のかたち」として創造された、と書いてある。全ての人間は神の前では平等で、同じように「神のかたち」として創造されたというのである。だから、全ての人間は平等と正義を享受する権利を持っているのである。

 

とはいえ、実際の人間の歴史では、それは実現されてこなかった。むしろ、神の教えに背いて弱者を虐げ、正義を行なってこなかった人間の姿を聖書は記述している。

 

そこで神はアブラハムを選んで、この民族を通して、本来の人間の正しい生き方を示された。それは個々人が「神のかたち」として創造された大切な存在であるから、互いに尊重して公平に扱おうとする生き方である。社会的弱者に関する命令もたくさん書いてある。たとえば、シングルマザー、貧困者、移民などの社会的に立場が弱い人たちを保護しなさい、彼らを虐げてはならないと神は語っているのである。

 

しかし、旧約聖書を読むと分かるのは、神の命令を受けたアブラハムの民(すなわちイスラエルの民)も、他者を虐げて、正義の歩みをしてこなかったことである。そこで神が示された解決の方法は、イエスキリストをこの世に送ることであった。イエスキリストは人間の罪の罰を代わりに受けるために死なれ、本当の意味での正義の生き方を示したのである。

 


動画の最後の部分にある、足を洗う人の姿はキリストを表している。弱者を強さで支配するのではなく、弱い人に仕える者として生きたキリストの姿である。

 

 

 

文章を書くことが好き

私は文章を書くことが好きです。上手いか下手かは置いておいて、考えたことをつらつらと日本語で綴るのは楽しい作業です。だから、このブログも気の赴くままに楽しく続けています。

先日、とあるご縁で、雑誌で妊娠・出産のエッセイを書きました。雑誌名は伏せておきますが…(とてもマイナーな雑誌です) 1500字ほどのエッセイを何度か連載したのですが、文章を書くのは好きなので、楽しい作業でした。妊娠出産も大きいテーマなので、いくらでも書くネタはあるので、楽しく書きました。

 

連載が終わった後、「文章を書くのが好きなので、エッセイを書くのは楽しかった」と、ある方に話したところ、「それは素晴らしい賜物ですね。神様がその賜物を用いて下さると良いですね」と言葉をかけて下さいました。

 

賜物は、「たまもの」と読みます。キリスト教用語で、神様からその人に与えられた特別なギフト、という意味です。書くのが好き、ということは私にとって当たり前のことで、特別な才能だと思ったことはありませんでした。日本人だから、日本語で文章を書くことは特技でも何でもないと思っていた節がありました。

 

でも、「文章を書くことが好き」もひとつの立派な才能かもしれないと最近思うようになってきました。というのは、私がエッセイを書いている横で、夫が「そんなに短時間で文章を書けるってすごいね。僕だったら何日もかかるよ」と言っていたのです。確かに、私は書くことが苦にならないので、伝えたいアイディアやテーマが頭の中で決まれば、短時間で1つの記事を書き上げることができます。

f:id:countstars:20171027043652j:plain

自分にとっては当たり前のことでも、実は特技や長所なのかもしれない、と思った出来事でした。自分に与えられたギフトを、よい形で人や社会のために活かしていけたらなと思います。

子どもを変えるのではなく、親が変わるということ

今日はwomen's Bible study があり、参加してきました。新約聖書のマタイの福音書を学んでいます。

グループのディスカッションの時間で、冒頭の質問で、「自分の活動や目標を達成するために動機やモチベーションになっていることはなんですか?」という問いがありました。

私はこの質問に対して、自分の活動や目標って何だろう?としばし考えました。私の毎日は家事と子育てでほぼ終わっているからです。いや、でも子育てだって立派な仕事じゃないか。娘の笑顔を見ることが、今の私にとって頑張るモチベーションになっているはず。

 

子供というのは素直で、自分がして欲しいことを親が喜んでしてくれた時は本当に嬉しそうな反応をしてくれます。日常の些細なこと、たとえば娘のリクエストで好きなものを夕食で作るとか、一緒に人形遊びをするとか。嫌々ながらではなくて、ママが楽しそうにしてくれると本当に嬉しそうで満足してくれるんです。そうすると、不思議なもので子どもがますます可愛く見えてくるのです。娘の笑顔を見ることが私にとって大きな幸せで、そのことが家庭の中で良い連鎖を生み出しているような気がします。

 

以下、最近読んだ子育ての本の引用です。心に残る文章がたくさんありました。
Kindle unlimitedで無料で読めます。おすすめの本です。

 

いちばんいい方法は 、子どもを変えようとしないことです 。 「親が望むような子にしよう 」と思うのではなく 、 「子どもが望むような親 」に自分自身がなるといいのです 。子どもがしてほしいことをしてあげて 、子どもが望まないことはなるべくしないようにする 。たったそれだけのことでいいのです 。そうすることで 、子どもはいきいき笑顔になることができます 。

 

amzn.to

 

 

f:id:countstars:20171025085842j:plain


そんなわけで、今日はそんなことを少しお話ししたら、グループのメンバーは頷きながら聞いてくれました。子育てがひと段落した世代のメンバーもいるので、私の話を微笑ましく?聞いてくれます。色々な世代の人と自然に仲良くなれるのが教会の良さだと思います。


ちなみに今回の学びはマタイの六章で、よい行いや祈りや献金をする時は、人前で見せびらかすようにするのではなくて、天の神様だけが知るようにしなさい、という箇所からでした。自分の日々の行動の動機、心の奥の部分を点検する時間になりました。


秋で紅葉が美しい日々が続いています。今日は子供達と赤い紅葉を集めて遊びました。子どもの写真はアップできないので、紅葉の写真をアップします。