星の数

星の数

アメリカで子育て中。日々考えたことを綴っています。

SPONSORED LINK

クラウドワークスでライターの仕事を始めた体験談

f:id:countstars:20180110021957j:plain




あけましておめでとうございます。このブログを始めてから、初めての新年を迎えました。

様々なことがあった2017年でしたが、このブログを始めたことも私にとって大きな出来事でした。自分が書くことが好きだということを再認識し、どんなことをインターネットという媒体で発信したいか?何を伝えたいのか?などといったことを考える良いきっかけになりました。いつも読んでくださる方、どうもありがとうございます!


クラウドワークスに登録してみた。
最近、思いつきでクラウドワークスに登録してみました。
クラウドワークスについての説明。

 

crowdworks.jp

 

子育て中だけど何か新しいことがしたいなぁと思ったことがきっかけです。
インターネットで検索すると、クラウドワークスの悪い評判もありましたが、まぁイマイチだったら退会すればいいかー、と気軽に登録しました。

 

 

●登録は簡単

登録自体は5分程度でサクッと終わりました。
登録上、実名や住所は記入する必要がありますが、実際のやりとりで実名が公開されることはありません。(実名であえて活動したい人は晒すこともできますが)
実際は、ハンドルネームで活動している人がほとんどでした。
顔も実名も知らない間柄で、仕事の取引をしてお金も動く、って、考えてみるとなんだか凄いですね。


●仕事を探してみた。

登録をして、早速自分にできそうな仕事を探してみました。
私が探したのは、英語の翻訳関係、日本語のライティングの案件などです。


●低賃金の案件が多すぎる。
クラウドワークスの仕事募集の一覧に目を通すと、低賃金の仕事がかなり多いです。

たとえば、調べたところによると、ライティングは文字単価1円以上が、良識的な賃金設定らしいです。
仮に文字単価1円の場合、日本語で1000文字の記事を書いて、1000円の報酬を得るというわけです。
ブログを書いている人は想像がつくと思いますが、ちゃんとした内容の文章を1000 字書くにはそれなりの時間がかかります。
ところが、中には文字単価0.1円の案件も多くあり、これって労働搾取なのでは?と感じることも。そんな低賃金だと、出来上がりの記事のクオリティも当然低いわけで、そのような記事をインターネット上に量産するのも、なんだかなぁと感じます。

まぁ、そういう案件は無視して引き受けなければいいだけの話でもあります。
ただ、たとえばあまり就労経験のない主婦の人などが、適正価格の判断ができずにあまりにも低賃金の仕事をしていたら、それは労働搾取ですし市場の価格破壊につながります。


●良心的なクライアントもいる。

とはいえ、良心的なクライアントもちゃんと存在します。仕事内容の説明の文章、クライアント自身のクラウドワークス上の過去の評価などをチェックすれば、仕事を引き受けても良い相手かどうか判断できると思います。
良心的なクライアントを見つけて、継続的に取引できればクラウドワークスである程度の収入を得ることも可能でしょう。

 

クラウドワークスの手数料は20パーセント。高い!

仕事の報酬の20パーセントは手数料としてクラウドワークスが徴収します。たとえば5000円の報酬の仕事の場合、実際に受け取れるのは8割の4000円というわけです。
はっきり言ってこの手数料は高いと思います。クラウドワークスで直接取引は禁止されていますが、途中からクラウドワークスを介さずに直接取引するようになる人も多いんじゃないかなと思います。

 

●私の体験談
私の場合、英語系の文章作成を引き受けました。クラウドワークスは登録したばかりで実績もなかったのですが、プロフィールの内容が良かったのか、割と良い条件のお仕事の依頼を受けることができました。最初の仕事の出来が良かったみたいで、文字単価1.5円から2円にアップしてもらえることになりました。
クラウドワークスの良い点は、自宅で自分のペースで仕事をすることができることです。机にパソコンじゃなくて、ベッドやソファで授乳したりしながらi padで仕事してます。笑

まだ始めたばかりですが、今は家庭や子育て優先で、無理のない範囲で続けていければと思っています。



そんなわけで最近はクラウドワークスの仕事をしていますが、ブログも出来る範囲で更新していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

大掃除のやる気スイッチオンする方法

f:id:countstars:20171230152533j:plain


年末である。アメリカに住んでいて、日本の年末年始の行事から遠ざかって久しいが、やはり新年は綺麗な家で迎えたいというのは日本人の習性か。


ミニマリストのブログを読んで掃除のやる気注入

といっても掃除は大変。モチベーションをアップさせるために、ミニマリストの人たちのブログなどを読むことが多い。
こちらは、断捨離という言葉を広めた、やまぐちせいこさんのブログ。

 

 

yamasan0521.hatenablog.com

 

この記事を読んでいて、遺品整理の大変さを思い出した。大量の物や家具を処分するのは、非常に労力のかかる作業である。
私は過去に遺品整理を二回したことがある。夫の祖父母の家、夫の実家である。それぞれ事情があり、夫と2人で協力して行ったが、めちゃくちゃ大変だった。
数トン単位の物を数週間かけて処分した。あの大変さは実際に作業した人にしか分からないと思う。
これからモノを溜め込んだ年配の世代がどんどん亡くなって、残された大量のモノが処分されていくと、日本列島はどうなっちゃうんだろうと思った。ゴミを海外に輸出するしかないんじゃないかしら。でも日本が良ければいいというわけではないし、やっぱり安易にモノを買う大量生産大量消費社会はダメだなぁと思ったのでした。

 

家族がハッピーで居心地の良い暮らしを模索

そんなわけで、アメリカに住み始めた時は、「もう私はモノはいらない」と、わずかスーツケース3個の荷物で渡米した我が家。
あれから数年経つが、どういうわけかモノって増えるんですよね。特に子供が2人いるので、子ども関係のモノがすぐ増えるのが悩みです。

とはいえ、モノを減らすのがゴールではなく、あくまでも家族がハッピーで居心地の良い家づくりが目標のはず。しかし、モノが多い= 管理が大変= 部屋が散らかる = 私がイライラする、という悪循環になるので、そのへんの加減が難しいのである。


掃除のモチベーションアップのために、こんまりさんの動画を見た。
すると4歳の娘が真似して服をたたみ始めた。笑 こんまりさんすごい!

 

m.youtube.com

 

 

 

 

家事は当たり前?なアメリカの夫、家事すると褒められる日本の夫

f:id:countstars:20171227155943j:plain



アメリカに暮らし始めてちょっとカルチャーショックだったこと。

あるアメリカ人家庭のおうちにお邪魔する機会があった。大きなおうちで、何家族もゲストとして呼ばれていた。ホストのご家庭が食事を用意してくださったのだが、とても美味しい料理だった。特に前菜が美味しかったので、これはどうやって作ったんですか?とホストの奥さんに尋ねてみると、

 

「夫に聞いてみて。今日の料理は全部夫が作ったのよね〜」

とのこと。

 
昨今、料理の得意な男性というのは特別珍しいものではないと思う。
でも、私がこのときカルチャーショックを受けたのは、周りにいたアメリカ人が「ご主人が料理を作るんですか。すごいなぁ」という反応を一切しなかったことだった。奥さんではなくて、旦那さんが料理をしたということは、取り立てて珍しいことではないので気にも留めないという様子だった。

 

夫が家事をすると褒められる日本

でも、これが日本のシチュエーションで、たとえばうちの夫がもてなしの料理を準備したとしたらどうだろう。「ご主人、お料理上手なんですね〜。料理上手なご主人で奥さんは幸せですね」とお世辞のひと言でもゲストは言うだろう。料理=妻あるいは母親がするもの、という概念がまだ根強い気がする。

 

書きながら思い出したが、昔日本人の集まりで、持ち寄り(ポットラック)の食事会に夫婦で参加をして、その時は夫が何か肉料理を持っていったことがある。そしたら、周りの日本人の奥さんから「ご主人、料理ができるんですね。偉いですね〜」と言われた記憶がある。でも考えてみると、男が料理ができる=偉い、ってその考え方がなんか変な気がする。

 

 

共働きで夫が中心的に家事を担うケース

その後もアメリカ人の別の家庭に食事会でお邪魔する機会は何度かあったが、旦那さんの方が料理をするという家庭は珍しくなかった。夫婦共働きで、「料理は俺の方が好きだから普段の食事作りも自分がやってるんだよね」と言ってる人もいた。ちなみに家がめちゃくちゃ大きかったので、普段の掃除ってどうしてるの、やっぱりルンバを使ってるの?などと素朴な疑問を問いかけると、週に一度くらい掃除機するよ、部屋広いけど15分もあれば終わるよ、と旦那さんが答えていて、これも私はちょっと衝撃を受けた。ちなみにこれらの家庭は、奥さんが弁護士や大学教授など、バリバリ(?)働いているケースではあったが。

 

公園に子どもを連れて行くパパ
今は冬なので外出も少ないが、暖かい季節はよく公園に子どもを連れて行き、公園で他の親子と友達になる機会も結構多かった。私が少し驚いたのは、アメリカ人はパパが子どもを連れてきているのをよく目にしたことだった。地域の児童館での乳幼児の集まりでも、パパが子連れで参加しているのもちょくちょく見かけた。私は日本であまり子育てをしていないのでよく分からないのだけど、日本だとパパの参加は珍しいのでは?と思う。

 

まとめ
そんなわけで、アメリカ生活で目にした、家事育児に励むアメリカの夫たちの姿を思い出して、つらつらと書いてみた。もちろん、アメリカでも奥さんが専業主婦で家事を全て担っている家庭もある。家庭の事情はそれぞれなので、夫婦がハッピーなら別になんでもいいとは思うのだが、私がカルチャーショックを受けたのは、家事育児をする夫を取り立てて周りの人が褒めたりしていないことだった。男が家事や育児するのも当たり前、という態度。なんだろう、この温度差は。これはやはり、歴史の中でアメリカ人女性が必死になって勝ち得たものなのかしら。こんなことでいちいち驚いている私は、まだまだ古い日本の価値観が染み付いた女なのかもしれない。

 

クリスマスと聖書と。

 

クリスマス間近ですね。今年は12月24日が日曜日。クリスチャンの我が家は教会の礼拝に参加する予定です。

アドベント(待降節)という言葉を知っているでしょうか。アドベントカレンダーだとか、日本でも耳にすることのある言葉かもしれません。アドベントとは、クリスマス前の約4週間の時期を指す言葉で、クリスマスの日を待ち望む期間です。

 

f:id:countstars:20171223162830j:plain

(最近はスマホで聖書も読めるので便利です)

 

聖書は大きく2つに分かれる

聖書は、旧約聖書新約聖書という2部構成になっています。
旧約聖書はイエスキリストの誕生以前の内容。
新約聖書はイエスキリスト誕生以後の話が書いてあります。

旧約聖書の執筆年代は幅がありますが、紀元前1500〜と非常に古いです。
旧約聖書が書かれた時代にはイエスキリストはまだ誕生していません。でも、これから将来、救い主がやってくるという預言が旧約聖書の至る箇所に散りばめられています。

 

 

 

キリスト誕生は歴史の中で預言されていた


たとえば、旧約聖書の中のイザヤ書という書簡にはこう書いてあります。

 

しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」 イザヤ書53章5節

 

この引用の彼とは、キリストを指しています。キリストは私たち人間の罪のために殺される。彼が罰を受けることで私たちは平安と癒しを得る…  ということです。


イザヤ書は、キリストが誕生する約700年前に執筆された文書です。
つまり、驚くべきことに、キリストが生まれる 700年も前に、キリストが十字架で苦しみを受けるよーと事細かく預言しているというわけです。

こんなことを書くと、キリスト教徒でもない人は、「はぁ。そうですか。ちょっと信じられないっすね」という反応をされるでしょうか。
それとも、「キリストが生まれたのも今から2000年前の大昔の出来事だし、そこから更に700年前のイザヤなんか知らない。私の人生になんの関わりがあるわけ?」と感じられるでしょうか。

 

信じるか、信じないか、は個々人の判断に任せられる部分だと思います。
でも私自身は、聖書を読んでいる中で、キリストの誕生は確かに旧約聖書の預言の成就なんだろうなぁ〜と思うようになりました。これは決して、突拍子のない意見ではなく、学問の一線で聖書や考古学をアカデミックに研究している人でも、同じように考える人も多いです。

 

とりあえず、読んでみては?

なんだか話が逸れてしまいましたが、とにかくキリストは歴史の中で長い間(それこそ何百年というスパンの中で)待ち望まれていた存在だったということです。

 

そして、新約聖書のストーリーはイエスキリストの誕生から始まるわけですが、これがまた、当時の人々の予想を裏切るような出来事がたくさん起こります。イエスと出会って「一体この人はどういう人なんだ?」という当時の人々の率直な反応がありのままに記述されています。

 

話は尽きないのですが、ぜひクリスマスの時期、一度は聖書を手にとって読んでみても良いのでは?と思います。とりあえず初めての方は新約聖書の方が読みやすいかなーと思います。

 

YouVersion

私も使っている聖書の無料アプリ。日本語だと版権の問題からか口語訳のみ利用可能。ちょっと古い日本語なのが難点ですが、無料で読めます。英語だともっと色々な訳が読めるのになぁ〜。

 

 

世界でいちばん可愛い子

f:id:countstars:20171222150715j:plain


 

注意: 今日の内容は単なる親バカ投稿です。ああ、親バカだな〜、とスルーしてください。

 

我が家には4歳の娘と、1歳の息子がいます。
これがこれが、どういうわけか、本当に可愛い子どもたちなのです。
なんで私と夫の遺伝子からこんなに可愛い生き物が生まれてきたのかよく分かりません。

 

客観的に見ると、まぁ私と夫の子なので、まぁごく普通の顔立ちの子どもです。
それは分かっているのです。

 

今はアメリカに住んでいるので、周りにはお目々ぱっちりモデルさんみたいな子も
それこそたーくさんいます。
でもね、これは客観性の問題ではなくて、極めて主観的に考えると、やっぱりうちの子はぶっちぎりで可愛いんです。これは私(と夫。プラスじいじ、ばあば)の中で、揺るぎない事実であります。

 

ねえちゃん、4歳
4歳のおねえちゃんは、もうお喋りも上手で、大体の意思疎通は取れます。
彼女の日々の発言はいつも面白くて可愛いです。もっとマメに娘の語録をメモしなきゃなーと思いつつ、ズボラな母はできていません…。
あどけない仕草や、無邪気な行動も可愛いです。
「まま、だいすき〜。ぎゅーっ」と全力で愛情を表現してくれます。

 

おとうと、1歳

1歳の弟は、生後10ヶ月で歩き始めた活発な子です。
キッチンの棚の中身を全部出し、椅子によじ登ってテーブルの上で「うっきゃー」と喜んでいるとき、一番いい笑顔をする男の子です。(最近は彼の安全のためにキッチンの入り口にゲートを設置しました)
どこまでもトコトコ歩いていきます。なぜかトイレの便器が大好きなので、我が家のトイレのドアは常時閉められています。(たまに姉ちゃんが閉め忘れて大変なことになります)
というわけで、彼の活発さゆえに、この一年はなかなか大変なこともありましたが、彼は基本的に機嫌の良いハッピーボーイです。

 

 

世界でいちばん可愛い?
2人目が生まれる前、私はよく娘のことを、「〇〇ちゃんは本当に世界でいちばん可愛い子だね〜」と本人に言っていました。赤ちゃんの頃からずっとです。


おかげで娘は、自分の写真を見つけると「あ!ママ、見て!可愛い子が写真にうつってるよ」と、自分の一人称がすっかり可愛い子になっています。めちゃくちゃセルフイメージが高いですね。

しかし2人目を妊娠してから、私はふと気付きました。「上の子だけを世界で一番可愛い子と呼ぶのはまずいんじゃないか…?」と。(割とどうでもいい悩みですね)

幸い、下の子は男の子だと判明したので、それ以降、上の子は「世界で一番可愛い女の子」、下の子は「世界で一番可愛い男の子」と呼んでいます。

もし3人目を授かったら、その時はどうすればいいのでしょうね?まぁ、その時になったら考えます。

 

まとめ

そんなわけで、私は日々、この可愛い子どもたち(プラス夫)と、共に暮らす喜びを噛み締めています。
なんか、こんな風に書くと、ずいぶん余裕ある子育てしてるんですね〜と思われるかもしれませんが。1日に一回くらいイラっとすることもありますが、根本的には、やっぱり可愛いなぁと思いながら子育てしてます。
「可愛い、可愛い」と口に出していた方が、本当に可愛く感じられる気がするんですよね。なんとなくですが。

という、親バカ全開の投稿でした。
おやすみなさい。

 

 

ブログを始めて半年経ちました。

f:id:countstars:20170824211852j:plain


ブログを始めて半年経ちました。

ブログを開設して半年が経ちましたよ、という通知がはてなブログから来ました。
あら、もう半年。あっという間だなーと感じます。

テーマを絞らない、いわゆる雑記ブログという形で、思いつくままに、気が乗った時に文章を綴って早半年。

良い節目なので、少し振り返りをしてみます。

 

反響があった記事
アクセス数もそんなに多くない我がブログですが、唯一コメントやら反響があった記事がこちらでした。

 

countstars.hatenablog.com

 

予防接種をアメリカで受けないためには?という内容。検索するとヒットするみたい。
予防接種は受けたくないけどアメリカで暮らすことになった、どうしよう…?という人に、
我が家の体験談がお役に立ったようです。良かったです。

 

個人的に思い入れのある記事。

アーミッシュの記事。

 

countstars.hatenablog.com

 


ブログを始めたら是非記事にしたいな、と思っていた内容でした。
以前から興味のあったアーミッシュの地に実際に訪れて、たくさんの気づきと驚きのあった旅でした。

 

これから書きたいこと

⭐️赤毛のアンの作者モンゴメリの考察記。
昨年の夏にプリンスエドワード島に訪れて、モンゴメリゆかりの地を旅しました。モンゴメリの人間くささというか、旅の間に思いを巡らしたことを記事にしたいです。赤毛のアンは自伝的要素が強い小説ですが、彼女の人生はとても興味深いです。

 

⭐️エリックカール美術館訪問記。
はらぺこあおむしの作者の美術館。我が家にお気に入りの絵本、たくさんあります。

 

 

はてなブログを始めて、自然と色々な方のブログもちょこちょこ目を通すようになりました。
ブログってやっぱり書き手の人柄や価値観が如実に表れるのでしょうね。たまに、この人の感性は素敵だな、と感じる文章に出会うと嬉しいです。

 

 

 

FacebookのBuy Nothingグループ。アメリカで「買わない」生活を。

 

アメリカ留学生活。必要最低限のものだけを日本からスーツケースで持ってきて始めた生活。ありがたいことに、家具や洋服、調理器具、おもちゃなど、色々と必要なものを譲ってもらったので、当初の予想より出費はかなり抑えることができました。

 

お世話になったのが、このサイト。
Facebook上でのグループで、buy nothing というグループです。

家庭で不要になったものを無料で譲る活動です。

 

buynothingproject.org

f:id:countstars:20171210123759p:plain

 

 

 

参加要件、ルールなど

Facebookのアカウントを持っている。
●18歳以上。
●自分が住んでいる地域にグループが存在すると、メンバー登録の申請をすることができます。
●自分が今住んでいる地域のグループのみ、参加することができます。つまり、複数のグループに参加するのは禁止。
●金銭のやり取りは禁止。無料でモノを譲る場合のみ、グループに投稿が可能。

 


ウェブサイトを見てみると、アメリカだけではなくて、たくさんの国にグループがあるようです。

Buy nothing グループ、2017年現在の参加国一覧

オーストラリア
カナダ
中国
フランス
インド
日本
ルクセンブルグ
メキシコ
オランダ
ニュージーランド
フィリピン
シンガポール
南アフリカ
スペイン
スウェーデン
イギリス
トリニダード・トバゴ
アメリカ

 

日本にもグループがあるのか!と驚きましたが、現在は沖縄県に1グループだけ存在するそうです。日本でも、もっと広まったらいいのになぁと思います。日本人って、いらないものは誰かに譲るよりも、メルカリなどで少しでも高く売りたがる傾向が強い気がします。ちなみに、有料でモノを売る場合は、アメリカではCraigslist を利用する人が多いと思います。


ちなみに我が家がこれまでにbuy nothingで譲って頂いたモノ。


●クイーンサイズのベッド(美品)

Ikeaのベビーベッド
●本棚(子どものおもちゃ棚として使用)
●サイズアウトして不要になったオムツ
●ディズニーのソフィアのおもちゃセット
●赤ちゃん服
●お米5キロ (なぜ?!という感じですが。思っていた味と違ったから要らない、ということで譲ってもらいました)

などなど。

 

幸いなことに、私の住む地域のグループは、皆さん結構活発に活動されていて、毎日色々なものが投稿されています。欲しいものがあった場合は、気軽にコメントをして是非欲しいです!と意思を伝えます。ちなみに I would love to be considered 私を検討してください(つまり、それ頂戴!という意味)という言い回しを皆さん使っています。

人気で複数の希望者が出た場合は、譲り手が抽選で決めています。

モノの譲り受けで問題になるのは、送料や運搬だと思うのですが、このグループでは同じ市内に住む人だけが参加しているので、取りに行くのも車で15分程度。そもそもアメリカって車社会なので。

 

私が実際に利用して驚いたのは、結構良いモノを気前よく譲る方が多いなぁということです。generous だな〜と感じます。もちろん、自分がお金を出して買ったモノだから、無償ではなくて有償で売っても当然だと思うのですが、引き取り手を探す手間や、他の人が喜んでくれることなどを考えると、譲るという選択肢を選ぶのかな?と思います。

 

大量製造、大量消費の文化にNO!

先日のブラックフライデー(11月の感謝祭の祝日の後に行われる、アメリカで年に一度の最大のバーゲンセール。資本主義の権化のように揶揄されることが多い) では、
なんとbuy nothing Friday キャンペーンというものを行なっていました。笑

 

この世界の資本主義の構造にNoを言おう!安易にモノを買わず、必要なものは譲り合おう!というイベントで、いつも以上に色々なモノが投稿されていました。

 

日本もアメリカも同じですが、既にモノが溢れている社会なんですよね。お店で新しく新品を買わなくても、他の人が要らなくなって譲ってもらえればそれで事足りることも多いです。

でも、こういうグループのような仕組みがないと、必要なものがあったらお店で買う、要らなくなったらまだ使えるものでも引き取り手を探すのが大変だから捨てる、という環境的には悪循環なサイクルが無くならないんですよね。企業や経済成長のためには新しいものをどんどん買ってもらった方が良いでしょうが、地球の環境や資源は有限ですからね。

 

今のところ、我が家は頂く機会の方が多いですが、そのうちまたお引越しするときは大量に譲ることになりそうです。

 

もし海外在住の方で興味があれば、自分の地域でグループはあるかな?と探してみるのも良いと思います。