Happy Wife, Happy Life

4人子育て中のママのブログ。

SPONSORED LINK

左利きのお習字は難しい。小学生の書き初めの話。

 

我が家の第一子の娘は左利き。小学三年生で、お習字が始まりました。

 

小学一年生の硬筆の時点で、ひらがなや漢字を書くことが苦手だった娘。でも、読書は大好きで、読む力はあります。二年生の時点でハリーポッターを読み終わったりしていました。国語力はあるけど、単純に書き取りが苦手の様子。

 

娘が文字を書く様子を見ると、やっぱり左利きは書き順通りに書くのが大変なのだなと感じました。母親の私が右利きなので、左利きの苦労を今まであまり理解してませんでした。

 

左利きの子どもにあるある?

●横線を右から左方向に書く。

●右方向の「はらい」「はね」が難しい。例: 「 大」「飛」など

●文字が全体的に右下がりになりがち。

 

実際に私自身も左手で試しに書いてみて、確かに書きにくいなぁーと実感。

昔バドミントンやってた時はサウスポーの人がカッコいいと思ってましたが、実生活では色々と不便がありますね(^_^;)

 

 

左利きの子ども用の練習ドリルを探したけど見つからず。下は大人用のドリルです。

 

 

 

世の中がマジョリティの右利きに合わせた仕様になってるので不便を強いられることも多い左利きですが、この本を読むと自信が持てる気がします。

 

 

写真は右利きの私が書いた「花」です。娘のお手本のために書いて、終わったあと捨てようとしたら、ママ上手に書けたから捨てずにとっといたら?と言われました(^_^;)  

左利きならではの苦労もありますが、ひとつひとつ、「ここはこんな風に書いたらもっとバランス良くなるよ」など一緒にゆっくり取り組むしかないのかなぁと感じてます。急がば回れ。そのうち自力で書けるようになるだろうけど、今はまだ手助けが必要そうです。