星の数

Happy Wife, Happy Life

3人育児中のママの日記。アメリカで4年暮らして2018年に帰国。心地よい暮らしを模索中。

SPONSORED LINK

3人育児をしていて感じること


先日、子ども3人を連れて児童館に行ってきました。

 

ママ1人で乳幼児3人連れて外出するのは大変です。

先日の記事でも書いた通り、買い物は極力、宅配や通販で済ませています。

生協のパルシステムAmazon楽天のお世話になりまくっています。

とはいえ、一日中家にいるわけにもいかないし、やっぱり子どもを連れて出かける機会はあります。

 

児童館で、子どもを3人連れて行くと、

「お子さんが3人もいて、ママ大変ですねー」

と言われることが多いです。

いや、実際大変なんですけどね。

特に真ん中の2歳児は今、イヤイヤ期真っ最中でかなり大変です。

でも、そういう言葉をかけられると正直、心がもやもやします。

 

子だくさんって不幸なの?

育児で大変な私は「かわいそう」なの?

 

「大変ですね」と言葉をかける人は、悪気なくそう言っていることは分かります。

だって、私も子どもがいなかった頃、あるいはまだ1人目しか子育てしていなかった頃は、同じような反応をしていたと思うんですよね。

 

f:id:countstars:20190717142439j:plain

 

私は以前、アメリカで育児をしていました。当時の友人で、一卵性の3つ子の男の子を育ているママがいました。

当時、その三つ子ちゃんたちは2歳くらい。可愛い子供達でしたが、育児は本当に大変そうでした。私はよく自分の娘を連れて友人宅に遊びに行っていましたが(その時はまだ1人目しかいませんでした)、大変だけどいつも笑顔でいる彼女が印象的でした。

 

ある時、彼女がこんなことを言っていました。

 

「この間ね、3つ子を連れてお散歩に行ったら、通りすがりの人に“この子達、3つ子なの?なんて素晴らしい祝福なの!”って言われてすごく嬉しかったんだよね。」

 

きっと彼女は、「男の子3人だなんて大変ね〜」と、これまで何回も言われてきたんだと思います。その度に、「3つ子を産んだ私は大変でかわいそうなのか?」というモヤモヤした気持ちを抱えていたことでしょう。

 

子育ては大変。だけど、こどもの存在は大きな祝福であるはず。

 

友人が出会った通りすがりの人のように、人を励ます言葉を言える人になりたいなぁ、と思ったエピソードでした。