星の数

Happy Wife, Happy Life

3人育児中のママの日記。アメリカで4年暮らして2018年に帰国。心地よい暮らしを模索中。

SPONSORED LINK

念願の食洗機を購入。自力の設置で苦戦したこと。

 

f:id:countstars:20190407011455j:plain

最近、国内で引越しをしました。念願だった食洗機を購入して、早1週間ほど経ちましたので、使い勝手をレビューします。

 

今回買った食洗機はこちらの製品。

賃貸マンションで使える据え置き型の食洗機は、現在Panasonicさんしか販売していないらしいです。

 

我が家は5人家族なので、当然大容量タイプを購入しました。

大容量タイプで一番安いモデル(といっても50,000円以上します)を購入しました。

 

<p

 

中古を買うことも検討したのですが、中古でも比較的新しい機種は高額。古い機種は寿命が心配だったので、やはり新品を買うことにしました。でも家事の手間や水道代の節約など考えると、55,000円でも高くないと思います。

 

食洗機を置く場所を検討

f:id:countstars:20190407004901j:plain

食洗機を導入するにあたって、一番問題になるのは、台所のどこに置くかという点です。

我が家の場合、シンクの左側のスペースにちょうどよく収まりました。

幅が35センチほど必要になります。

食洗機を置く台として、アイリスオーヤマのスチールラックを購入しました。

ちょうど良い大きさのラックが見つかって良かったです。

ちなみに食洗機の下はゴミ箱を設置しています。

 

 

 

分岐水栓が高額。

 

食洗機を導入する際、どうしても必要になるのが分岐水栓です。自宅の蛇口に対応した専用の分岐水栓を購入する必要があるのですが、めっちゃ高いです。

 

ちなみに我が家はTOTOの蛇口。専用の分岐水栓は定価で12000円ほど。高い。。。

少しでも安く済ませたい私は、メルカリで中古の分岐水栓を八千円で購入しました。

 

 

業者は呼ばずに自分で設置。

 

食洗機の設置は、業者に頼むこともできますが、その場合8000~1万円程度の工賃がかかるのが相場だそうです。

とりあえず自分たちでやってみて、もし万一できなかったらその時は業者を呼ぼう、ということにしました。

 

分岐水栓に付属している説明書を読むと、きちんと詳しく説明されているので、その手順に沿って作業をすれば、基本的に大丈夫です。

ちなみに我が家がつまずいたポイントを参考までに書きますと。。。

 

トラブル1、水道の元栓がどこにあるのか分からない

 

食洗機も分岐水栓も手に入った!子どもたちも寝たから、いよいよ夫婦で設置作業を始めよう!と意気込んだところ、まず最初につまずいたのが、水道の元栓がどこにあるか分からない問題でした。

 

我が家みたいなマンションの場合、マンションの敷地内のどこかにあるらしいのですが、すぐに見つかりませんでした。共有の廊下にあると思いきや、あるのはガス栓のみ。水道の元栓はどこだ~、と、夜中に懐中電灯を持ってマンションの敷地内をうろうろしていました。(笑)  結局、マンションの駐車場の地面にあるのを発見しましたが、意外と時間がかかりました。

 

トラブル2、水道の蛇口の部品が固すぎて外れない。

 

分岐水栓を設置する手順として、まずは蛇口を解体する作業から始まります。

100円ショップで買って用意した、3ミリの六角レンチを使ったのですが、全然ビクともしなくて外れませんでした。

おそらく、我が家の水道を設置した人が、よほどしっかりと締めたのでしょう。

調べてみると、蛇口自体は比較的新しいものだったので、蛇口が古くて部品がサビで固着している可能性は低そうでした。

ただ単に、部品がきつく締められているだけと思われたので、もっと強力な六角レンチを使って緩めるしかないだろう、と考えました。

 

 

今回購入した、強力六角レンチ。

TOTOの蛇口の説明書を読むと、柄が長い強力なレンチは蛇口が破損する恐れがあるので使用禁止と書いてありました。自己責任でお願いします)

 

結論からいうと、この強力六角レンチを使用して、無事に蛇口を解体することができました。これで出来なかったら業者を呼ぶしかないと思っていたので、無事にできてホッとしました。

 

 

以上、2つの点でつまずきましたが、その後の作業は特に問題なくスムーズでした。

わざわざ業者を呼ばなくても割となんとかなります。たぶん。

 

 食洗機は便利。

肝心の食洗機の使い心地ですが、まだ使い始めて1週間なので、まだ完璧に使いこなすまでに時間がかかりそうですが、以前と比べるとだいぶ楽になったと感じています。

 

食洗機対応の食器を選ぶ必要がある。

 

今回の食洗機導入にあたって、食洗機で洗うことができない食器を食器棚から追放しました(笑)

 

ちなみに食洗機で洗えないもの。

・木製の食器 (ただし、菜箸や木ベラは自己責任で食洗機で洗ってます)

・鉄製のフライパン (食洗機で洗えるフライパンはフッ素加工のものなので、フッ素は健康への影響が心配だったので、そこは妥協して鉄フライパンにしました)

漆器

などなど。

 

あと、形状や大きさで、どうしても食洗機では洗いにくい、洗えるけどスペースをとるので入れにくいものは、除外しました。

 

 使う食器の数は増えた。

我が家では、食洗機を導入する前、食器は食後にその都度すぐに洗うスタイルでした。そのため、本当に必要最低限の数の食器を使いまわして、それ以外の食器は別の場所に保管していました。

しかし、食洗機を導入してからは、ある程度汚れた食器の数をまとめて食洗機をまわすようになったので、必要な食器の数が前よりも少し増えました。

 

結論。食洗機はおすすめです!

まだ導入して1週間なので完全に使いこなせてはいないですが、特にガラスの食器のピカピカ具合や、カレーを食べたあとの皿がキレイになっている様子にとても感動しました。

 

食洗機を使ったとしても、調理後のシンクやテーブルの片付けなど、ほかにやることは結構多いのですが(特に乳幼児子育て中の今は、食後のキッチンは汚いんです)、それでも食器を洗う手間が減った分、精神的に少し楽になったと思います。

 

水道代も手洗いと比べるとだいぶ節約になるらしいので、ありがたいです。ちなみに、電気代も、乾燥機能を使わなければほとんどかからないらしいです。(我が家では、電気代節約のために、食器を洗浄したあとはスイッチを切って、食洗機の扉を開けて自然乾燥しています。高温のお湯で洗った直後なので、すぐに食器は乾きます)

 

というわけで、迷っている方はぜひ食洗機おすすめです。日本だとまだ導入している家庭が少ないそうですが、アメリカでは一般的に普及しています。

特に子育て中の方はおすすめです!