星の数

星の数

アメリカで子育て中。日々考えたことを綴っています。

SPONSORED LINK

アメリカの化粧品コーナーにはテスターがない。でも返品できる。

f:id:countstars:20171024042624j:plain

 

私は化粧が薄い人です。なので、いつまで経っても化粧品が減らないのです。日本へ一時帰国した時に買ったものがまだ残っております。

 

しかし、先日珍しく、チークとアイブロウマスカラを買いにターゲットに行きました。こういう自分の買い物は本当に久々でした。

 

日本とアメリカでの化粧品コーナーの大きな違い、それはテスターがないということです。
買う前に試しようがないので、購入してから開封して使用するしかありません。
散々悩んで、レジに並んで購入したものの、心配だったので車で開封して試してみることに。

 

私「あー。このアイブロウ、思っていた発色よりも濃い…。これ使えないわ」
夫「じゃあ返品してくれば?」

 

夫いわく、アイブロウの濃い薄いはよく分からんが、私が使えないと思うなら持ってても仕方ないから返品して来たら?と。

ここはアメリカ。レシートがあれば、開封後の商品でも、いとも簡単に返品できるのです。
ターゲットのカスタマーコーナーに商品とレシートを持って行き、特に文句も言われることなく返品できました。

 

とはいえ、店側にとっては返品された商品はもう売れなくなるので、利益損失になるので良いことではないのですが。でも化粧品はテスターがない以上、ある程度こういうことが起こっても仕方ないような気もします。

 

というわけで、テスターを使い放題の日本の売り場が懐かしいです。
アメリカは返品も後でするのは面倒臭いので、購入したらすぐにトイレか車で試してみたらいいんじゃないかしら、と思います。