星の数

星の数

アメリカ生活、旅行、育児の日記

SPONSORED LINK

Community Bible Studyに通い始めた


久しぶりの更新になってしまった。アメリカは9月は新年度。我が家も色々と変化があり、慌しく過ごしていた。

Community Bible Studyに通い始めた

週に一度、平日の午前中に、Commuity bible study(略してCBS)という集まりに参加するようになった。CBSはアメリカ全国で活動しているプロテスタントの聖書勉強会のグループ。こちらは代表のホームページ。アメリカの様々な州の教会で活動が行われている。

www.communitybiblestudy.org

 

9月から5月までの通年のプログラムで、今年は旧約聖書イザヤ書を学ぶ。
私は自宅から車で30分くらいの距離にある教会に通っていて、20代ー80代までの様々な世代の女性が200人ほど集まっている。ちなみにこの教会は、私が普段日曜日に出席している教会とは別の教会。地域の様々な教派の教会から参加者が集まっているのも大きな特徴だと思う。

 

 

私が参加し始めた理由


私が参加した理由は、自分の学びというよりも、子どもたちを預ける場所が欲しかったからだった。母親が勉強会に参加している間、子どもたちは託児や子ども向けのクラスに参加することができる。うちの4歳の娘はプリスクールの年齢のクラスで、他の子どもたちと工作をしたり、先生から聖書のお話を聞いたりしている。息子はまだ赤ちゃんなのでベビーシッターさんが託児をしてくれている。一応会費もあるが、年間で数十ドルという格安の値段。これは、CBSが寄付金やボランティアなどで成り立っているからだそうだ。

 

オリジナルのテキストで予習

 

まだ参加し始めて二回だが、娘も息子も楽しく過ごせている様子でホッとした。私はというと、毎回の勉強会の予習に追われている。CBSでは、オリジナルのテキストを勉強会で使っていて、これが結構ボリュームのある内容なのだ。予習内容も、ちゃんと1日分ずつ設けられていて、翌週の集まりまでに6日分の内容を予習しておかないといけない。1日分の予習をするのに、大体20分くらいかかる。

 

f:id:countstars:20170923151711j:plain

 

(写真は自分の聖書とCBSのテキスト)

 

「毎日コツコツ頑張ってね、集まりの前日の夜に慌てて全部まとめてやらないでね。ご飯は毎日食べるでしょう?心のご飯も同じで、私たちは毎日神さまの言葉というご飯が必要なんですよ」

 

とリーダーの方が初日の集まりで言っていた。

 

私はずぼらな性格で、毎日コツコツというのは苦手。このブログも、書きたくなったらじゃんじゃん記事を更新するが、熱が冷めると放ったらかしになることも。聖書だって、毎日読んだ方がいいとは思うものの、なかなかコツコツ続けるのは難しい。なので、こういう場所で強制的に読む環境になることは自分にとって良いことだと思っている。不思議なもので、聖書という本は、読むと心に響く言葉が毎回あるのである。

 

 

というわけで、そのうちイザヤ書をネタにしてブログ記事を書くこともあるかもしれない。宗教的な話題が苦手な人もいるかもしれないが、気楽に読んでいただければと思う。

 

雪のように白く

 

初回の学びで取り上げられていたイザヤ書の一文を引用して、今日の記事を終えようと思う。

 

「さあ、来たれ。論じ合おう」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。

Isaiah 1:18
“Come now, let us settle the matter,”
    says the Lord.
“Though your sins are like scarlet,
    they shall be as white as snow;
though they are red as crimson,
    they shall be like wool.

 

血の汚れは落ちにくい。女性の方が日常的にピンとくると思うが、一度ついた血のシミはなかなか落ちにくい。聖書は人の罪を、頑固な血のシミのように例えている。そして、神はそれを雪のように白くするのだと。

f:id:countstars:20170923152333j:plain

 

 

冬の日に、一面の雪景色を見たときに、この言葉を思い出したことがある。自分の内面を省みると、到底白いとは言えない姿がある。しかし、神は人の罪を許して白くしてくださる方だと聖書には書いてある。