星の数

星の数

アメリカで子育て中。日々考えたことを綴っています。

SPONSORED LINK

乳児湿疹•アトピーに効いたオートミール風呂

 

うちの息子は、乳児湿疹があります。(医者によってはアトピーと呼ぶ場合も)

生後2ヶ月頃からお肌のトラブルが始まり、かれこれ半年ほど経ちます。

ちなみに第一子はお肌のトラブルとはほとんど無縁だったので、親としても初めての出来事で結構大変でした。

 

参考までに、うちの息子のケースを以下、箇条書き。

 

•生後2ヶ月頃から乳児湿疹が始まる。

冬で乾燥しているのかな?とも思い、とりあえず病院に行かず様子を見る。市販の保湿剤を塗ると多少改善するが根本的には良くない。

日によっても肌の状態は、良くなったり悪くなったりの繰り返し。

•日中はご機嫌で遊んでいる。眠くなると顔をかきむしる。傷にならないように手にミトンや靴下をつけるが、どうしても外れてしまうこともあり、新しい傷が出来てしまうの繰り返し。手のミトンが取れないように見張るのも結構大変で(赤ちゃんなので手を舐めたり色々動くので)、母としてはストレスでした。

•完全母乳だったので、食物アレルギーの可能性を考えて、牛乳、卵などを実験的に控えてみるが、目立った効果なし。

 

•生後4-5ヶ月ごろがピークで悪かったです。外出すると、「お顔どうしたの?痒くて痛そうで可哀想」と知らない人にまで声をかけられるレベル。息子の場合は、顔の湿疹がひどくて、身体の湿疹も多少ありました。

当時の写真を見返すと、こりゃヒドイわ!というレベルの湿疹です。もう見るのも痛々しい感じです。この頃は母親として精神的にしんどかったです。でも、当の本人は、眠くなる時だけ掻くけど、それ以外はご機嫌に過ごしていました。

 

•5ヶ月ごろに皮膚科に行きました。Eczema(アトピー)と診断され、当然のごとくステロイドを勧められる。お医者さん曰く、中程度の強さのステロイドを使用して一気に傷を治し、その後保湿剤を使って完治させるとのこと。ステロイドは短期間の使用ならば副作用の心配もいりませんとのこと。

•しかし私たち夫婦としては、どうしてもステロイドを使う気にはなれませんでした。
ステロイドの害についてはインターネットでも調べればいくらでも情報は出てきますが…

ステロイドを使っても乳児湿疹は根本的には治らない、治らなくてむしろ悪化して成人アトピーに移行することもあると言われています。

 

•乳児湿疹でステロイドを使用して完治した症例、逆に上手く行かなかった症例が、それぞれどのくらいの割合なのか、ただの1人の母親に過ぎない私が知る由もありませんが、大切な我が子に危険な可能性のある薬は極力使いたくありませんでした。

•ちなみに皮膚科の先生に、ステロイドを使わずにこのままの状態のままにすることによるリスクはありますか?と聞いたところ、傷口から感染症に冒される危険性が高まります、と言われました。でも、衛生面で心配のある国に住んでいるわけでもないので、普通の生活をしている限りは大丈夫だと思われました。

 

•うちのかかりつけのお医者さん曰く、乳児湿疹は、多くの場合は2歳までに自然に良くなるケースがほとんどだそうです。遺伝性の場合が多く、原因が分からないケースがほとんどとのこと。本人の肌が強くなるまで、根気強く待つしかないと言われました。

 

•息子を観察すると、湿疹はあっても基本的にはとても元気でした。眠りにつくタイミングで顔をかきむしりますが、一度寝てしまえばぐっすりよく寝ていました。なので、息子の生命力を信じて、ステロイドは使わずに様子をみることにしました。

•しかし一方で、外出時に人と会うたびに、顔に湿疹があってかわいそう、病院には行ったの?薬は使っているの?と、いちいち聞かれるのがしんどかったです。今考えると、別にスルーすれば良かったと思いますが…

 

と、ここまでが経緯でした…。長文ですね!

 


⭐︎そんなわけで、ステロイドは使わないことにしたのですが、なんとか症状が多少でも改善される方法はないだろうかと調べたところ、アメリカの民間療法で、オートミール風呂が乳児湿疹、アトピーに効くと知りました。

正直、あまり期待していなかったのですが、モノは試しにトライしてみたところ、なんと3日目頃から湿疹が改善されました。完全に湿疹が無くなったわけではないのですが、明らかに以前よりも良くなりました。

 

⭐︎やり方:

f:id:countstars:20170722101907j:plain

オートミールをガーゼのハンカチにくるんで、中身が出ないように口を輪ゴムで縛る。オートミールの量はお好みですが、私は自分の片手いっぱいに掴めるくらい使っています。お風呂のお湯の中でオートミール入りのハンカチを揉み揉みすると、白くとろ〜んとしたモノが出てきます。この白い成分を、赤ちゃんのお肌の悪い部分に塗りたくります。

ちなみにベビーバスにオートミール入りのハンカチを入浴剤のように入れて、オートミール風呂に赤ちゃんを浸からせるのも良いですが、うちの場合は既にハイハイもつかまり立ちも始まっていてベビーバスから速攻で脱出しようとするので(笑)、大人のお風呂に一緒に入って、赤ちゃんのお肌に直接ハンカチをあててぬりぬりしています。お湯はぬるま湯の方がいいと思われます。

オートミールはオーガニックで、他に余計なものが入っていないものを。

お風呂上がりに、Aveeno eczema therapy というクリームも塗っています。これはオートミールの成分を使ったクリームだそうです。

というわけで、乳児湿疹やアトピーに悩んでいる方は一度試してみるといいかもしれません。うちの息子の湿疹はかなり良くなりました。おすすめです!

 

追記:  

現在、息子は一歳5ヶ月になりましたが、乳児湿疹は完全によくなりました。

振り返ると、生後10ヶ月頃にはほとんど良くなっていました。オートミール風呂は確か1ヶ月くらい続けましたが、もう大丈夫かな?とやめたら、その後もお肌の調子は良かったので、今はオートミールはしていません。冬なので乾燥するときは上でも書いたクリームを塗るくらいです。

うちの息子の場合、オートミールは良くなるきっかけになりましたが、根本的には息子が成長して治る時期になったから良くなったのだろうと思います。乳児湿疹は、身体の中の毒を出していると考えるお医者さんもいるそうですが、赤ちゃんが成長して毒を出し切ったら自然に良くなるのかなと私は個人的には考えています。うちの息子の場合は、毒を出し切ってターニングポイントになったのが生後10ヶ月頃ということでしょうか。

生後2ヶ月から9ヶ月まで、可愛い乳児期の半年以上を、乳児湿疹で過ごしたのは精神的に辛かったです。もうステロイド使ってしまおうか?と思った時もありましたが、使わなくて本当に良かったと今は思っています。肌の状態はひどかったですが、それ以外は本当に健康で元気に成長している息子を見て、きっとそのうち肌も丈夫になって自然に良くなるだろうと息子の生命力を信じて待ちました。

 

今回紹介したのはあくまでも私の体験談です。乳児湿疹で悩んでいるお母さんは多いと思いますが、よく調べて自分が納得する治療法を選ぶのが一番だと思います。

オートミールは安く購入できるので、悩んでいる方はダメ元で1週間くらいトライしてみるといいと思います!