星の数

星の数

アメリカ生活、旅行、育児の日記

SPONSORED LINK

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

うちの娘は ディズニーのSofia the first(ちいさなプリンセス ソフィア)が大好きです。

もし魔法を使えたら、娘はソフィアみたいになりたいと思います。

 

 

f:id:countstars:20170625103457j:plain

(娘が所有するソフィア人形。ご近所さんからお下がりで頂きました。ソフィアが8人います)


娘につられてソフィアのDVDを見ているうちに、私もすっかり詳しくなり、子供向けだけど意外と面白いじゃんと思うようになりました。
我が家は今アメリカに住んでいますが、娘の年頃の女の子には大人気です。日本にいる友人家族や親戚の女の子も好きみたいです。

 

Sofia the firstの魅力を考えてみた

 

●設定が現代的
ソフィアの世界は魔法が存在するファンタジーな世界ですが、設定が非常に現代的です。ソフィアの母親はシングルマザーで靴屋を営んでいたのですが、ある日突然王様に見初められて再婚して王妃になります。そしてソフィアは一夜にしてプリンセスになります。まさに棚からぼたもちってやつです。


大人の視聴者としては、庶民が突然王妃になったら妬みや嫉妬がありそうだとドロドロな展開を想像しますが、さすがディズニー、そういう描写は一切ありません。王妃ミランダは非常に人格者で美しい母です。ちなみに夫である国王も人格者でありよき父ですが、王様の割には問題解決能力がちょっぴり低い気もします。まぁ、子供であるソフィアたちが活躍するストーリー上の都合だと思いますが。

 

f:id:countstars:20170625103546j:plain

(2人はおしどり夫婦です)

 

●アンバーちゃんの重要性
アンバーはソフィアのstep sister、義理の姉です。国王の実の娘で、生まれながらのプリンセス。だけど父親の再婚で突然ソフィアまでプリンセスになり、ソフィアに対して嫉妬をするようになります。もともとアンバーちゃんは気位が高く、清々しいまでの高飛車っぷりです。アンバーちゃんが高らかに歌うbigger is better(大きいことはいいことなのよ)の曲は、彼女の価値観を如実に表していますが、なかなか躍動感があって良い曲です。娘はこの曲をノリノリで歌います。

 

m.youtube.com

さて、アンバーちゃんはソフィアに対してひどい嫌がらせをします。継子いじめならず、継妹いじめです。ソフィアもアンバーに対して腹を立てます。

 

 

しかし、そこに現れるのが…

他のディズニー作品のプリンセスが豪華友情出演

シンデレラです。私は初めてみた時、なんで突然シンデレラが?!と我が目を疑いました。たくさんのプリンセス作品を持つディズニーの強みがいかんなく発揮されているのがSofia the firstなのであります。ソフィアがピンチになると、プリンセスがここぞという場面で颯爽と登場してソフィアにアドバイスを与えて去っていくのです。
シンデレラのストーリーは誰もがご存知でしょうが、シンデレラも義理の姉たちにいじめられます。私もお姉さんとの関係がうまくいかなかったけど、もし何かが違っていたら友達になれたかもしれない。アンバーが必要なのはsecond chanceなのよ、と助言を与えます。ちなみにこのシンデレラの曲は夫の一押しの歌です。夫は柄にもなく切ない系のメロディーが好きです。

 

m.youtube.com

 

●そして…
ソフィアとアンバーちゃんは仲直りして、2人は親友のような関係になります。
Sofia the firstの魅力は、まずは主人公ソフィアだと思います。ソフィアの天真爛漫さは素敵ですし、まっすぐないい子です。(声優さんも可愛い声で好きです)でも、そのソフィアの魅力を引き立てるのが、アンバーちゃんという存在なのです。正反対の2人ですが、二人の友情もこの作品のひとつのテーマだと思います。

 

 

ちなみになぜアンバーをちゃん付けしているのかというと、我が家でそう呼ばれているからです。気位の高い彼女を呼び捨てするのは憚られるのか、自然とそう呼ばれるようになりました。

 

f:id:countstars:20170625103523j:plain

 2人の友情は永遠に…。

 

はじめのお題とはあまり関係ない内容になりましたが、ブログ始めたらソフィアについても語ってみたいと思っていたので個人的に満足しています。

もし私が魔法を使えたら、エンチャンシア王国民になってソフィアやアンバーちゃんと友達になりたいです。